そもそも美容整形で行われている施術は、1〜2ミリ切開するだけだったとしても、見た目の印象が大きく変わってくるものです。
多くの人が抱えている目の悩みを様々な目を実現することができ、効果的に改善することが出来ます。
美容整形でも人気の目頭切開法は、蒙古襞があり、そして平行二重にならないという方に対し、大変最適な手術方法の一つとなります。
医師の技量が術後の結果に左右される美容術で、まずは医師の実績や経験を確認しておくことが大切なのです。

 

末広型と呼ばれる二重まぶたのケースでは、目頭切開法により平行型の二重に近付けることの出来る効果もあります。
この方法なら傷口が目立つことはありませんし、必要以上にお肌を傷付けることはありません。



目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術ブログ:15-8-22

あたくし達夫婦は
ちょうど10年目に入ったところです。

きのう、あたくしは、
家内のはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

10年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、あたくしは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
とクチに出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という家内の言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

あたくしは、大学生の頃から、
指やうでにアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなあたくしも、指輪を買うことになりました。
今の家内と結婚するからです。

ところが、あたくしは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、あたくしは、
10年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その21時は、手首が痛くなりませんでした。

翌あさ、起きてみても、変化はありません。

その21時。
次のあさ。
そして、また、その21時…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はあたくしの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。


このページの先頭へ戻る