まさに擬似恋愛!それがデリヘル

"大人の男性でしたら、一度くらいは何かしらの風俗を利用されたことがあるでしょう。
男性にとって欠かすことの出来ない風俗は、ここ最近になって非常に需要が多くなってきているのです。
細かいことですがお茶やジュースなどといった飲み物を女の子に出す時はまだ開けていない新品を出してあげましょう。
一度でも開封をしてしまうと睡眠薬が入れられているなどと思われてしまうこととなります。

 

デリヘルを呼んで女の子が貴方のもとに来たら、まずはスキンシップから始めてみましょう。
いきなり野獣のようにエッチモード満開では女の子に嫌われてしまうこともあるのでご注意ください。

 

デリヘルというのはいわゆる「擬似恋愛」を楽しむ風俗となっています。
誰も見ていないのですから、恥ずかしがること無く積極的に擬似恋愛を楽しんでしまいましょう。"



まさに擬似恋愛!それがデリヘルブログ:22-8-14

今日の6時、久々にこんな夢を見ました。

僕は夢の中で学生に戻ってて、
4〜5人のグループの中にいつもいて、
その子たちと常に行動していたようです。

だけどある日、僕の知らない間に
グループでの旅行の話しが進んでをしていたのを偶然耳にします。

「どうして僕一人がそれを知らないの!?」
って僕は夢の中で、あまりの悲しさに号泣するんです。
皆黙ってしまって、誰一人何も言ってくれません。

夢の中で、
僕はやっぱり皆に嫌われているから誘われなかった!
僕はどんなに頑張っても愛されないんだ!!

…そんな思いを持ちながら、明け方目覚めました。
目覚めたのは、
自分がすごく泣いているのに気づいたからだと思います。

隣にいる主人を起こさないようにしていましたが、
しゃくりあげて涙が止まらなかった僕の嗚咽に、
主人が気づいてしまったんですよね。

それが6時の5時くらい。
そのまま起きるまでふとんの中で
主人に話を聞いてもらいました。

僕は学生時代に
ひどいいじめを受けていた思い出が強烈すぎて、
一週間に一度ほどの頻繁な割合で、あの頃の夢を見ていたんです。

今日の朝見たようなものではなくて、実際にいじめられている夢。
本当に毎回リアルで、すごい悲しみに包まれた夢ばかりでした。

そして僕は、必ず自分の嗚咽で起きるんです。
「ああ、あれは夢だ…もうこんなことは実際にないはずだ…」
という安心感と…

「またこんなことが起きる暗示なの?」
という不安感がいりまじった感情で
目が覚めてもすっきりしなかったのを覚えています。

主人と結婚してからは
見なくなっていたのですが、久々にいやな夢を見ました。